東京まんべ会、ファンのみなさんに感謝

前の記事の続きです。

2回の札幌まんべ会(ビュッフェスタイル形式)を終え、来られた方もそうなのかもしれないけど、とにかく反響がすごかった。すごすぎました。

Twitter上でも

「東京でやってくれ」

「大阪きてええええ」

「まんべ会ってなんぞwww」

って声がものすごい。

 

やってくれって言われて叶えたいけど、そのやり方がやったことないからわからない。

でも札幌まんべ会の応用というか、音楽さえかけられるならどこでもできる感じではあったのでやることに決めました。

 

一番はお金の問題。

会場の費用だけでも都内なら20万はかかる。そしてぼくらの(2人)の旅費がざっくりと飛行機往復6万円+東横イン2泊2万円が最低でも。

28万円をどうやってペイするか。しかも初めてのことでどうなるかわからないことだらけですごい怖かったのを覚えている。

ロフトプラスワンの方と電話で話し合ってまずはチケット代の設定云々に。

「だいたい2500円〜3500円くらいで設定されるのが多いです」とのことで、では2000円でと、チケット代は2000円にして人数を150人に設定。

全部売れても30万円でローソンチケットの手数料考えると26万くらいの売上予想。

チケット売れなかったら楽に死ねる感じでした。

 

この価格設定なんですが、

やるからにはまた次その次とお客さんが来られる妥当な金額に設定したかった。

そこのラインっていうのが映画なんじゃないかなと。

ハリーポッターやスパイダーマンには絶対負けてしまうけど、

ファンの方に特別な1日を作ることができて映画よりも気安く来れるようにこの価格にしました。

その後の大阪まんべ会は1日2部公演だったので1300円。

さすがに大阪の時はまんべさんも死にそうになってました...

 

話は戻って東京まんべ会ですが、

チケット発売になって5時間で売り切れた。

半分くらいしか売れないんじゃないかと思ってたのが...

売れて嬉しいのと同時に、ステージをどうするか尺をどう持たせるのか苦悩する日々のはじまりへ。

 

その矢先に東北の大震災がありました。

計画停電の影響があるかもしれなかったんですが、

ロフトプラスワンさんも背中を押してくださって、

ここは自粛しないで攻めようと開催を決意。

とりあえず7.8曲編集したりして打ち合わせなしでもうどうにでもなれと思って2人で上京しました。

 

2011年4月2日当日、ボランティアさんにも手伝っていただき、

グッズを並べてるだけでもう開場の時間に...

(もっと時間があると思ってました。)

そして本当に150人来た。メディアも合わせると160人ほど。

ぼくらは控え室でガチガチに緊張して震えてる...

完全に間違った。甘かったと思い知らされた。

もう謝るしかないと思ってたw

もうまんべ会やらないで帰りたいくらいでした。

 

いざ開演して、挨拶してまんべくんスタート!

AKB「会いたかった」ってはじまりました。

あとはイチャイチャタイムなどをはさみつつ、7曲くらいの音楽に合わせたり

少しエピソードを話たりして終わったと思います。

ここで初めてまんべくんもカニサンバを完全に習得して挑んでましたが完全グダグダですみません。

 

でもすごかったのは、ファンの方。

みんなまんべくんのことが好きだから、ひとつの空間(ライブハウス)にいても興味ない的な雰囲気を出す人が一人もいない!一人もいないんです!

好きっていうより、もう愛しちゃってる!

なので、その空間が本当になんとも言えない居心地のいい雰囲気になってて、ずっとこうしていたい、このままでいたいって思わせる空気が作り上げられてた。帰りたくない感じになっていました。

まんべくんもだけど、このファンでなければ生まれない空間ができたと本当に感動です。

ファンとボランティアスタッフの方とロフトプラスワンのスタッフの方そしてぼくら。

ある意味究極的なライブを奇跡的にできました。

来て下さったみなさん本当にみなさんありがとう。スタッフもボランティアでこき使っちゃってホントごめんなさい。それ以上にありがとう。

また是非お会いしたいです。

 

こんな感じで、ぼくらも貴重な経験をさせてもらいながら、

こういう空間をファンと作り上げることができるんだとすごい勉強になりました。

ここからその後まんべ会だけではなく、イベントでのステージでもこうした一体感、雰囲気っていうのはものすごい大切にして企画していくことになります。

ファンじゃない人が見たら「あれは宗教ですか」って思うかもしれないけど、それでいいんだと思いますw

 

”異様なインパクトとそこから生まれる笑い”に”ファンが作り上げる一体感と空間”がテーマとして追加されていきました。

そしてぼく自身も、まんべくんとしてキャラクターの先というのも朧気ながら見えてきましたし、その延長線上に長万部への恩恵があるのだと思ってました。

実際に長万部には2010年12月頃から観光客が増えてきて、まんべくんを通じて間接的に長万部の知名度を向上させることにほんの少しづつ実を結んでいったように思います。

またその頃あたりからぼくは観光客増加もそうですが、長万部の人口増加を将来のビジョンに入れて企業誘致をどうやってやればいいのか考えだしていたと思います。

 

なんか振り返りすぎてしまいまして、どこを省略していいのやら雑な文章になってしまいましたが、東京まんべ会あたりはこんな感じの心境でした。

細かく書くとブログでは書ききれないので短いダイジェスト版みたいなものだと思ってください。

乱文すみません。

 

では続きはまた。

(連載中です。)